ノロウィルスがだいぶ多いので

毎度、シケメン代表取締役のたかネコです。

今回、Twitterでもそうですが、知人でもノロにかかった事もあり、ちょいと対処法を書いてみようかと思います。

ノロウィルスは正直、薬でどうにでもなる!って病気ではありません。

なので、長期にわたって治療を考えていくことが得策でもあります。

まず、重要なのは

 

・感染力が凄まじい(空気感染・接触感染・飛沫感染・経口感染)

 

これを理解しないと、大変な事にもなるし他人にも移ってしまいます。

 

では、治療法とはどんな感じになるのか?

 

ノロは、上記にも書きましたが、薬でどうにかなる病気ではありません。

対処療法と呼ばれるやり方で治療をしていくやり方となります。

つまり、ノロによって引き起こされる症状を緩和・治癒させる治療法です。

 

簡単に書くと

 

安静にして、寝て、ウィルスを排出させ、緩和待つ!

これですw

症状としては

吐き気、下痢による脱水症状、頭痛、めまい、発熱、関節痛等引き起こします。

 

ノロの治療法としてはですが、

1.水分補給(特にこれが重要です

2.消化の良い食べ物

3.下痢止めは飲まない

4.冷たいものの接種は控える

 

基本こんなところでしょうか?

 

飲み物としては、アクエリアス、ポカリスエット等を温めて(人肌程度に)飲むのが良いです。

ただ、そうなると、糖分が多く接種されてしまうので、お茶、白湯も混ぜると良いです。

目安水分量ですが、各自異なりますが、一日3リットル以上を目安に頑張ると良いです。

消化に良い食べ物とは、お粥等重要ですが、薬味を出汁として煮だしたお粥が最適です。

体温調整等は、周囲の温度をできるだけ暖かくしておくのも重要ですが、湿気も必須です。

加湿器もあればつけましょう!

下痢止めは飲まないというのは、体内で菌を留める=繁殖もさせてしまう という結果になります。

つまり、出した方がいいのです。下痢を考えて飲む方は、回復が遅れるという風に考えてもらってもOKです。単純に飲まない方がいいです。

 

平たく書きましたが、どうしても、栄養補給等難しい場合は、栄養剤等で補うのも良いです。

これからの季節まだまだ、ノロが続くかと思います。

皆様お気をつけてください。

最後、管理人のお勧めの栄養剤等URLを張っておきますので、気になる方は是非見てください。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中